dateコマンド

dateコマンドのオプション-vは、OSによっては使えないのかな?

% date -v+1y (1年後の時刻を表示)
% date -v+2m (2ヵ月後の時刻を表示)
% date -v+3w (3週間後の時刻を表示)
% date -v+4d (4日後の時刻を表示)
% date -v+5H (5時間後の時刻を表示)
% date -v+6M (6分後の時刻を表示)
% date -v+7S (7秒後の時刻を表示)
% date -d '10 seconds ago' (現在日時から10秒前の日時を求める)
% date -d '10 seconds' (現在日時から10秒後の日時を求める)
% date -d '10 minutes ago' (現在日時から10分前の日時を求める)
% date -d '10 minutes' (現在日時から10分後の日時を求める)
% date -d '10 hours ago' (現在日時から10時間前の日時を求める)
% date -d '10 hours' (現在日時から10時間後の日時を求める)
% date -d '10 days ago' (現在日時から10日前の日時を求める)
% date -d '10 days' (現在日時から10日後の日時を求める)
% date -d '10 months ago' (現在日時から10ヶ月前の日時を求める)
% date -d '10 months' (現在日時から10ヶ月後の日時を求める)
% date -d '10 years ago' (現在日時から10年前の日時を求める)
% date -d '10 years' (現在日時から10年後の日時を求める)
% date -d '12 hours ago' '+%Y-%m-%d [%H:%M:%S]' (上記のコマンドはそれぞれフォーマットを指定して実行することも可能)

サーバの日付をあわせる

date -s "01/28 17:57 2008"


Comment



Counter: 13002, today: 5, yesterday: 0

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-24 (火) 14:56:11 (1395d)