GIZMOガジェット作成方法 

※間違ってるかもしれないけど、とりあえず動いたっぽいので忘れないようにメモ。

※制作環境は、WindowsXPのFlash8です。

フォルダ構成

C:\Program Files\GIZMO2
│
├ jp.anthill.gizmo.calendar.sample
     │
     ├ gadget.xml
     ├ sample.swf

GIZMO本体をインストールする

コミュニティデッキも一緒にインストールする。

参照 GIZMO 2.0.7.13 (for Windows)

GIZMOコンポーネントをインストールする

インストーラ版をダウンロードし、Gizmo.mxpをダブルクリックする。

参照 Gizmoコンポーネント ver 2.0.6

ガジェットを作成する

1) Flashを起動。ファイル→新規ドキュメントを開き、テンプレート項目でGIZMOを選択する。

2) Flashファイルを作成し、名前を「sample.swf」として保存する。

XMLファイルを作成する

このXMLファイルは、ガジェットを右クリックしたときに表示するメニューを設定するもの。

1) gadget.xmlを作成する。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<gadget type="standalone" version="1.0">
 <swf type="main">sample.swf</swf>
 <title>サンプルガジェット</title>
 <list>true</list>
 <menu>
   <fix>true</fix>
   <config>false</config>
   <help>false</help>
 </menu>
 <author>GIZMO Project</author>
</gadget>

「前面固定」、「設定」、「ヘルプ」を表示する場合は、以下の設定。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<gadget type="standalone" version="1.0">
 <swf type="main">sample.swf</swf>
 <title>サンプルガジェット</title>
 <list>true</list>
 <menu>
   <fix>true</fix>
   <config filename="config.html" >true</config>
   <help url="http://gizmo.anthill.jp/tutorial/">true</help>
 </menu>
 <author>GIZMO Project</author>
</gadget>

参照 設定の詳細

config.htmlを作成する

gadget.xmlファイルの設定に、ガジェット設定ダイアログの設定を記述した場合、

ダイアログを表示させるためのconfig.htmlを作成する。

参照 htmlファイルの書き方

GadgetFactory?をインストールする

GadgetFactory?は、ガジェットギャラリーへの投稿用のGIRファイルを作成することができる。

参照 GadgetFactory ver 1.4

GadgetFactory?を起動する

1) OpenからC:\Program Files\GIZMO2\jp.anthill.gizmo.calendar.sampleを選択する。

2) Previewボタンを押下する。

3) Shapshotボタンを押下する。

4) Exportボタンを押下する。

5) 出力されたgirファイルをダブルクリックするとインストールされる。

参照 GadgetFactory


Comment



Counter: 7788, today: 2, yesterday: 2

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-24 (火) 14:55:55 (1395d)