BitmapData?[ActionScrip2.0]

四角を表示する

スクリプト

import flash.display.BitmapData;

//四角の表示
var bitmap:BitmapData = new BitmapData(256,256,false,0xFFFFCC00);
this.createEmptyMovieClip('blank_mc',1)
blank_mc.attachBitmap(bitmap, 1);

blank_mc._x = 100;
blank_mc._y = 50;

実行結果

ステージ上にあるMCをビットマップデータにして表示する

ステージ上に、donkey_mcという画像を配置したMCを用意する。
ボタンをクリックされた時、btmにdrawし、btmをcopy_mcという空のMCにattachする。

※attachBitmapの第2引数は、this.getNextHighestDepth?()でもいい。

スクリプト

import flash.display.BitmapData;

var btm:BitmapData = new BitmapData(256, 256, true);

btn_mc.onPress = function() {
	btm.draw(donkey_mc);
	copy_mc.attachBitmap(btm, 0);
}

実行結果

画像をビットマップデータにしてスムージングをかける

スクリプト

先ほどのスクリプトのattachBitmapの第4引数をtrueにすると、スムージングがかかる。

import flash.display.BitmapData;

var btm:BitmapData = new BitmapData(256, 256, true);

btn_mc.onPress = function() {
	btm.draw(donkey_mc);
	copy_mc.attachBitmap(btm, 0, true, true);
	copy_mc._rotation = 20;
}

実行結果

スムージングがかかっていない結果:


スムージングがかかっている結果:

透過PNG画像をビットマップデータにしてスムージングをかける

transparent パラメータに true を渡さない限り、ビットマップはデフォルトで不透明として作成される。
完透明なビットマップを作成するには、transparent パラメータの値をtrueに、fillColor パラメータの値を0x00000000に設定する。

BitmapData(width:Number, height:Number, [transparent:Boolean], [fillColor:Number])
import flash.display.BitmapData;

var btm:BitmapData = new BitmapData(256, 256, true, 0x00000000);

btn_mc.onPress = function() {
	btm.draw(donkey_mc);
	copy_mc.attachBitmap(btm, 0, true, true);
	copy_mc._rotation = 20;
}

実行結果

BitmapData?の第4引数が指定されていない場合:

BitmapData?の第4引数を指定した場合:

ライブラリから画像を読み込み、ビットマップデータにする

スクリプト

ライブラリに、donkey.pngという画像を用意する。
ボタンをクリックされた時、btmに画像を読み込み、btmをempty_mcという空のMCにattachする。

import flash.display.BitmapData;

btn_mc.onPress = function() {
	//ライブラリからリンケージ画像をビットマップとして読み込む
	var btm:BitmapData = BitmapData.loadBitmap('donkey.png');
	empty_mc.attachBitmap(btm, 0);
}

実行結果

外部画像を読み込み、ビットマップデータにする

スクリプト

imgフォルダ内に、donkey.pngという画像を用意する。
このスクリプトでは、あらかじめ画像は読み込んでおくものとする。
ボタンをクリックされた時、btmに画像を描画し、btmをempty_mcという空のMCにattachする。

import flash.display.BitmapData;

//外部画像を読み込む
photo_mc.loadMovie('./img/donkey.png');
photo_mc._alpha = 0;

btn_mc.onPress = function() {

	//画像を受けるBitmapDataを用意
	var btm:BitmapData = new BitmapData(256, 256, true);

	//作業用ムービークリップから切り抜きデータをbtmに描画
	btm.draw(photo_mc);

	//表示
	empty_mc.attachBitmap(btm, 0);
}

実行結果

文字をBitmapにして回転させる

ステージ上に、working_mcにsampleというダイナミックテキストを配置したMCを用意する。
ステージ上に、display_mcという空のMCを用意する。

スクリプト

import flash.display.BitmapData;

var sample_format:TextFormat = new TextFormat(); 
sample_format.color = 0x00ff00; 
sample_format.size = 20;
working_mc.sample.text = "あああああああああ";
working_mc.sample.setTextFormat(sample_format);

//画像を受けるBitmapDataを用意
var btm:BitmapData = new BitmapData(256, 256, true);

//作業用ムービークリップから切り抜きデータをbtmに描画
btm.draw(working_mc);
working_mc._visible = false;

//表示
display_mc.attachBitmap(btm, 0, true, true);
display_mc._x = 50;
display_mc._y = 50;
display_mc._rotation = -2;

実行結果

BitmapData?メモ

drawの引数

import flash.display.BitmapData;
import flash.geom.Rectangle;
import flash.geom.Matrix;
import flash.geom.ColorTransform;

var matrix:Matrix = new Matrix();
var colorTransform:ColorTransform = new ColorTransform();
var blend:String = 'normal';
var clipRect:Rectangle = new Rectangle(0, 0 ,290, 290);
var smooth:Boolean = true;
btm.draw(photo_mc, matrix, colorTransform, blend, clipRect, smooth);


Comment



Counter: 11453, today: 1, yesterday: 1

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-24 (火) 14:56:01 (1461d)