*WebORBのインストール [#b9651b9d]

**Flash側の準備(FlashRemotingコンポーネントのインストール) [#z105222f]
***flashremoting_components_flash8_jp.msiをダウンロードし、msiファイルを実行する [#i5178de3]

参照 : http://www.adobe.com/jp/products/flashremoting/downloads/components/


**サーバ側の準備(WebORBのインストール) [#mf6ac31a]
weborb-php-2.0.2.zipをダウンロードし、解凍したものを以下のフォルダ構成にしサーバにアップする

 ドキュメントルート
 |
 |-- console
 |-- doc
 |-- examples
 |-- META-INF
 |-- Services
 |-- Weborb
 |   |
 |   |-- amf-core
 |   |-- browser
 |   |-- services
 |   |


***動作確認 [#kbe40f45]
以下のURLの画面が表示されること。

http://localhost/weborb/

以下のURLにアクセスし、「Run *** Tests」ボタンを押し「success:***」と表示されればインストール成功

http://localhost/weborb/examples/flex/remoting/testsuite/main.html


*サンプルの作成 [#f62ee83d]
**サーバ側の準備(MyPHPHelloWorld.phpを作成する) [#h9f45ba3]

 ドキュメントルート
 |
 |-- console
 |-- doc
 |-- examples
 |-- META-INF
 |-- Services
 |-- Weborb
 |   |
 |   |-- amf-core
 |   |-- browser
 |   |-- services
 |   |   |-- ComputerInfo.php
 |   |   |-- HelloWorld.php
 |   |   |-- InfoService.php
 |   |   |-- MyPHPHelloWorld.php
 |   |

#geshi(PHP){{
<?php
/**
 * MyPHPHelloWorldクラス
 * 
 * @access public
 * @package 
 * @author 
 * @version 
 */
class MyPHPHelloWorld
{
    public function sayWorld()
    {
        return "Hey Flex";
    }
}

}}

**サーバ側の準備(確認する) [#s6392d5e]
MyPHPHelloWorld.phpファイルをサーバにアップし、http://localhost/weborb/ にアクセスする。&br;
「Management」タブの「Services」の「Service aliasing」をクリックする。&br;
その後、「Management」タブの「Services」を開き、左側の「Deployed Services」のところに"MyPHPHell"が表示されるのを確認する。


※ライセンスを購入すれば、サンプルのソースを利用することが可能みたい!?


**Flash側の準備(ActionScript2.0でMyPHPHelloWorld.flaを作成する) [#s6392d5e]
#geshi(ActionScript){{
import mx.remoting.*;
import mx.rpc.*;
import mx.remoting.debug.NetDebug;

//URL
var gatewayUrl:String = "http://localhost/weborb/console/weborb.php/weborb/console";

//デバッグの初期化
NetDebug.initialize();

//PHPのHelloWorldクラスを呼ぶ
var _service:Service = new Service(gatewayUrl, null, 'MyPHPHelloWorld', null , null);
var pc:PendingCall = _service.sayWorld();

pc.responder = new RelayResponder(this, "handleResult", "handleError");


function handleResult(event:ResultEvent)
{
	trace(event.result);
}


function handleError(event:FaultEvent)
{
	trace("エラー");
}

}}
&br;

*Comment [#e71ec7ea]

#comment_nospam

&br;

#counter




トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS