SharedObject?[ActionScrip2.0]

サンプルコード

import mx.data.binding.ObjectDumper;

var so:SharedObject = SharedObject.getLocal("sample", "/");

if (so.data.sample == undefined) { 
	//1回目
	trace("1回目 = " +  so.data.sample);
	so.data.sample =  "1回目";	//文字列の場合
} else { 
	//2回目以降
	trace("2回目 = " +  so.data.sample);
	so.data.sample =  "2回目以降";	//文字列の場合
	so.flush();
}

解説

パスを設定する

URLがminaco.net/sample/sharedobject/sample.swfの場合、以下のような設定ができる。

var so:SharedObject = sharedobject.getLocal("sample", "/");
var so:SharedObject = sharedobject.getLocal("sample", "/sample/sharedobject");
var so:SharedObject = sharedobject.getLocal("sample", "/sample/sharedobject/sample.swf");

値を設定する

配列の場合

var arr:Array = [10,20,30,40];
so.data.sample = arr;


文字列の場合

so.data.sample = "sample";

データを即時に書き込む

so.flush();

SharedObject?の格納場所

WindowsXP

C:\Documents and Settings\username\Application Data\Macromedia\Flash Player\#SharedObjects

MAC

ユーザ\ユーザー名\ライブラリ\Preferences\Macromedia\Flash Player\#SharedObjects らしい

参考サイト

参照:SharedObject クラス


Air の SharedObject?

AIR コンパイル前

Windows

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\AIRの名前\Local Store\#SharedObjects

AIR コンパイル後

Windows

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\AIRの名前.文字列\Local Store\#SharedObjects

EncryptedLocalStore? を使ったとき

Windows

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Adobe\AIR\ELS\AIRの名前

参考サイト


Comment



Counter: 10130, today: 2, yesterday: 0

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-24 (火) 14:56:03 (1425d)